アレルギー性接触皮膚炎 情報サイト e-アレルギー.com

HOME > かぶれとは

かぶれとは

誰もが経験するかぶれ

image絆創膏を貼ったらかぶれてかゆい、湿布薬を貼ったらかぶれてかゆい。
虫に刺されると「皮膚が赤くかぶれて、なかなか治らない」
「かゆみがしつこい」。
汗にかぶれてかゆい気がする・・・そんな経験はありませんか?

かぶれやかゆみは、誰もが経験する皮膚トラブルです。
かぶれの原因と思われる製品の使用をやめたのにかぶれが良くならない場合、かゆくなったところを掻いてしまって、症状が悪化することもあります。

こうしたかぶれは、医学的には「接触皮膚炎」と呼ばれています。
「接触皮膚炎」はさらに、「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」の2つに分けることができます。

刺激性接触皮膚炎は、洗剤や溶剤など、刺激の強い化学物質が頻回に皮膚に触れることでおこります。一方、アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギーの原因となる物質(=アレルゲン)によって引き起こされるものですが、何がアレルゲンとなるかは人によって異なります。

刺激性接触皮膚炎

刺激の強い化学物質などが皮膚に触れることにより生じる皮膚炎で、バリア機能の低下した皮膚(アトピー皮膚や高齢者の皮膚)、脆弱皮膚で起こりやすい。

刺激性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎

アレルゲンが皮膚に吸収されると身体の中で抗体がつくられます。
その後、同じアレルゲンが再度皮膚から侵入するとその抗体によってアレルギー反応が生じ、アレルギー性接触皮膚炎が起こります。

アレルギー性接触皮膚炎
iconアレルギー性接触皮膚炎とは
PAGETOP